元気な有名人が65歳過ぎてやめたこと 板東英二ゆで卵は食べてない

元気な有名人が65歳過ぎてやめたこと 板東英二ゆで卵は食べてない

元気な有名人が65歳過ぎてやめたこと。板東英二ゆで卵は食べてない。ゆで卵好き板東英二氏。

板東英二は今でもゆで卵食べてますか?

元気な有名人が65歳過ぎてやめたこと。

「卵を一日1個以上食べると、コレステロールが溜まって体に悪い」と思っている人はまだまだ多い。

だが、一日に何個も食べ続ける生活を送りながら、病気もせず健康に暮らしている有名人がいる。元中日ドラゴンズの投手で、引退後はバラエティでも活躍した板東英二さん79歳だ。

「大好きなゆで卵は、いまでも毎日3~5個は食べています。そもそも卵はコレステロールに関係ないという論文も多くあります。むしろ数値の気にしすぎは逆効果だと思います。

年に一度は人間ドックも受けていますが、何の問題もない。いたって健康ですよ。滑舌もハッキリしてるでしょ」

そんな板東さんにとってターニングポイントになったのは7年前、72歳のときだった。自身が所属する個人事務所に税金の申告漏れが発覚。世間からバッシングを受け、ほとんどの仕事を失った。

「その嫌疑に関しては、僕はずっとやましいことはしていませんし、潔白だと思っていましたが、生前に交流があって師匠と仰ぐ、故?後藤田正晴先生の『沈黙はすべての扉を開く』を守り、公には反論しませんでした。自分が未熟だったのです。

70過ぎてあえて『やめたこと』といえば、仕事がガクンと減って、交友関係も変わり、環境も変わり、結果的に時間的なゆとりが生まれたことかもしれません」

そんな板東さんが73歳からもう一度、始めたのが、自身の原点である「野球」だった。

市民グラウンド名古屋で少年野球に交じり、トレーニングを開始。メニューはランニングにダッシュ、腹筋、バットスイングに投球練習。球数は100球がノルマで、球速は100km/hを目指して投げている。

「平日はコンクリートの壁に向かってひたすら投げています。当然、ボールも少ないので、変なところへ跳ね返ると、それを自分で取りに行くことになります。そりゃ疲れますよ。でも、それもトレーニングの一部ですから。

通常はこれらのメニューをこなすとぴったり1時間17分になるのですが、これ以内に終わると頑張ったとなるし、この時間を越えると、怠けていたことになるので、時間は常に意識しています。

もちろん、一般の方にはハードだと思いますが、自分なりのメニューを設定してそれを目標に体を動かしていけば、身体的にも精神的にも元気になると思います。

私の場合は野球ですが、昔やっていたどんなスポーツでもいいので、その人なりに体を動かしてみるとか、運動でなくても、若いころに打ち込んでいた課題や趣味をやり直してみるのもいいと思います。

トレーニングはストレス発散にもなりますし、満足感も得られます。事件当時は『なんでこんなことになったのか』と悩むこともありました。

でも、無心でボールを投げるうちに、終わったことをくよくよ嘆いても仕方がないと思えるようになりました。他人の評価を気にするのもやめました」

昨年、妻が他界し一人となったが、洗濯や掃除など家事も自分でこなしている。「まだまだやることがある」と思うことが、健康の秘訣だと板東さんは語る。

板東英二ゆで卵は食べてない。

 「カンテレ開局60周年特別番組 鶴瓶&なるみのテレビのコト聞いてみよ!」カンテレ、30日午後3時55分、関西ローカルの番組概要が29日、同局から発表された。

 「あなたの人生に影響を与えたテレビ番組」をテーマに、街行く人やスポーツ選手、芸能人にインタビュー。あの頃、夢中になった十人十色のなつかしい思い出が続々登場する。

 MCは15年ぶりのタッグとなる笑福亭鶴瓶66となるみ45。ゲストにピーコ73、野々村真54、板東英二78を迎え、テレビを心から愛する出演者たちが、さまざまな角度からテレビについて語る。

 板東は、自身の成り上がりの歴史をおさらいするコーナーで、代名詞のゆで卵について言及。「実は、ゆで卵は食べていなかった!?」、その真相に本音をポロリ。78歳の板東のはっちゃけぶりに鶴瓶が「久しぶりに出てきて、ようエンジンかかりますな」と感心し苦笑いする場面も。

 多くの人が記憶に残るテレビとして挙げたのが、39年続くABCテレビの長寿番組「おはよう朝日です」。愛される人気の秘密を探るべく、局の垣根を越えて番組に潜入し、出演者にインタビューを敢行。「おは朝」の司会を20年務めたフリーアナウンサーの宮根誠司氏55も登場し、当時の番組作りの秘密や熱い思いを告白する。

 なるみは転機となったのが、カンテレの漫才コンテスト番組だったと告白。当時高校1年生で優勝し、賞金20万円を獲得したといい、「しゃべるだけで20万もらえるなんて、ボロい商売やなーと思って、それでこの世界入ろうって思ったん」とまさに、人生に影響を与えたテレビの存在を明かした。

 鶴瓶は「自分らの思うテレビ、自分にとっての大事な思い出のテレビを、僕らと一緒に重ねてもらいながら見ていただきたいですね」と見どころをコメントした。

ゆで卵好き板東英二氏。

「僕が子供の頃は貧乏で卵なんて食べられなくてね。農家の息子さんたちが運動会の弁当で卵を食べているのがうらやましかった。だからプロ野球選手になってから卵は毎日欠かさず食べました。ドラゴンズの寮では朝の味噌汁に2個入れてくれるんです。

 タレントになってからも新幹線の車内で味付けゆで玉子3個セットを2組買って、大阪から京都までで3個食べ、その後ゆっくりと東京までの間に3個食べる。コレステロールが高いから注意しろといわれましたが、最新の研究で卵が悪者というのは誤解だとわかったんですよね? 良かったです」

 板東氏は卵を何十年と食べ続けてきたが、低下剤などを服用することもなく74歳でなお健康体だ。

「イギリスのサッチャー元首相は卵を毎日2個食べて87歳まで長生きしました。健康のためには運動習慣のほうが大事でしょう。卵は今でも冷蔵庫に必ず12個入れてあって、毎日2個ずつ白身だけで卵焼きを作って醤油をかけて食べています。黄身はお腹いっぱいになるから、卵をたくさん食べるためにそうしている。とにかく卵の濡れ衣が晴れたのが嬉しい」板東氏

※週刊ポスト号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です