栃木?日光ドライブスポットおすすめ19選 日光東照宮アクセス?営業時間?料金情報

栃木?日光ドライブスポットおすすめ19選 日光東照宮アクセス?営業時間?料金情報

栃木?日光ドライブスポットおすすめ19選。日光東照宮アクセス?営業時間?料金情報。日光観光は東照宮だけじゃない。

夏休みの8月20日~日光東照宮をペットと行きたいと考えております。細かい事になってしまいますが、日光東照宮等、駐車場に詳しい方にお願い致します。関西方面から夜な夜な車で出発し

て、日光東照宮付近の駐車場に車を止めたいのですが、日光東照宮駐車場が24時間600円と、ネットででてます。いつ着くかわからないため、24時間止めれるならありがたいです。①夏休みも同じようにいつでも止めれるのでしょうか?できれば東照宮に連れていきますが、ペットが車に置いていく場合を考えてエアコン等の熱中症対策もバッチリしてますが、②車を駐車場の木陰に止めれるところありますか?Googleでみたら、輪王寺駐車場の方が日除けの木が沢山あるのですが、オープンが朝8時とかなので、迷います。あと③日除けはどうなのか?二荒山神社の駐車場も、木がでもっと多く日除けになるのかと思いますが、朝8時~です。④実際いかがですか?駐車場の日除けの事を考えて止めてる人は、いないかと思いますが、詳しい方にお願い致します輪王寺と、二荒山神社は東照宮以外ペット参拝だめですよね?

栃木?日光ドライブスポットおすすめ19選。

日光は栃木県の北西部にあり、山に囲まれているエリア。日光東照宮が有名です。

今回は、日光周辺のおすすめドライブスポットをご紹介します。
テーマパークをはじめ、貴重な世界遺産など見どころ多数。

日光旅行へ行くなら、レンタカーでドライブ観光しよう!

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

伝統工芸展示,郷土資料,観光ビデオ

\口コミ ピックアップ/
東武日光駅と神橋のちょうど中間に有る日光郷土センターは、日光周辺の観光案内と日光の特産品を紹介する総合的な観光センターです。広い館内で休憩がてら旅の計画を練るには最適の施設です。
行った時期:

栃木の観光ようパスポートをこちらでゲットできます。色々な特典が付いているパスポートで、栃木に来るときは先に手に入れるとお得なことがあるかもしれません。写真は日光の地酒、日光誉です。
行った時期:2017年4月

所在地 〒321-1404 栃木県日光市御幸町591
交通アクセス1日光駅からバスで3分
営業期間 公開:9:00~17:00
休業:無
料金 備考:無料
バリアフリー設備 障がい者用P:○
車椅子貸出:○
車椅子対応スロープ:○
車椅子対応トイレ:○
オムツ交換台:○
その他情報 管理者 :日光市
お問い合わせ 0288-54-2496「日光郷土センター」の詳細はこちら

徳川家康の霊をまつる。陽明門に代表される華やかな建築物は、神仏混合の様式で他に類をみない。

\口コミ ピックアップ/
東照宮訪問は小学校の修学旅行以来でした。
その時には全くわからなかった、1つ1つの建物の素晴らしさを感じることができました。 見れば見るほど造りが細かく、沢山のデザインや動物などが彫られていて、飽きることがありませんでした。
行った時期:2018年2月

2018年の大寒波にも関わらず参拝者でいっぱいでした。九州や北海道など遠くから関東に来られた場合には必ず訪れてほしいパワースポットの1つです。
行った時期:2018年2月

所在地 〒321-1431 栃木県日光市山内2301
交通アクセス1日光駅からバスで7分
西参道下車から
営業期間 営業:4月~10月 8:00~17:00
営業:11月~3月 8:00~16:00
料金 大人:大人:1300円 東照宮券 1,300円
高校生:高校生:1300円 東照宮券 1,300円
中学生:中学生:450円 東照宮券 450円
小学生:小学生:450円 東照宮券 450円
その他 文化財:世界遺産
バリアフリー設備 車椅子対応トイレ:○1箇所
盲導犬の受け入れ:○
手話スタッフ:○
その他情報 創建年代 :1617
お問い合わせ 0288-54-0560「日光東照宮」の詳細はこちら

以前は「山菅の蛇橋」などと呼ばれていました。橋の高欄には親柱10本を建て、それぞれに擬宝珠が飾られています。橋板の裏は黒漆塗で、その他は朱に塗られています。山間の峡谷に用いられたはね橋の形式としては日本唯一の古橋であり、日本三大奇橋の一つに数えられています。

\口コミ ピックアップ/
良い縁の橋渡し、ということで世界文化遺産の神橋を渡りました。景色が良く、天気も良かったので川がきれいでした。
行った時期:2017年12月

日光駅から車で東照宮他行く途中にありました。ここから神聖な場所へ入るみたいでした。ここから いろは坂を通り華厳の滝へ行き東照宮へ行きまた。渋滞を考えたらこのコースが正解でした。
行った時期:2017年11月

所在地 〒321-1431 栃木県日光市上鉢石町
交通アクセス1JR/東武日光駅からバスで5分
神橋下車から
営業期間 見学時間:4月~9月 8:00~17:00
見学時間:10月~11月中旬 8:00~16:00
見学時間:11月中旬~3月 9:00~16:00
料金 大人:大人:300円
高校生:高校生:200円
中学生:中学生:100円
小学生:小学生:100円
その他 文化財:世界遺産
文化財:国重要文化財
その他情報 創建年代 :1904年再建
長さ :28m
幅 :7.4m
高さ :水面より10.6m
お問い合わせ 0288-54-0535
ホームページ http://www.futarasan.jp/「神橋」の詳細はこちら

日光江戸村は新しい大型レジャーランドで、関所街道、宿場町、下町、武家屋敷街などの江戸時代の豪壮華麗な建築群が奇想天外に演出されている。各種イベント館では、江戸時代の歴史をテーマに、生きた物語が繰り広げられている。

\口コミ ピックアップ/
子供も体験で楽しめ、大人もとても楽しめました^?^花魁道中が素敵でした^?^
お芝居も迫力があり何回も見たくなります!
行った時期:2018年2月

日光には何回か行ってるんですが初めて行きました
平日だった為空いていましたが色々イベントがあり楽しかったです
食事もそばとかき揚げたべましたが美味しかったです
子供も満足行くと思います
行った時期:2018年1月

所在地 〒321-2524 栃木県日光市柄倉470-2
交通アクセス1今市I?Cから車で20分
2鬼怒川温泉駅からバスで15分
営業期間 営業時間:9:00~17:00 3/20~11/30、9:30~16:00 12/1~3/19
定休日:毎週水曜日12/8~12月21の間は施設メンテナンスのため休村いたします
その他:※水曜日が以下の期間に該当する場合は営業いたします。祝日/春期3月25日~4月7日/ゴールデンウィーク4月29日~5月5日/夏期7月21日~8月31日/年末年始12月29日~1月5日
料金 大人:4700円 通行手形
子供:2400円 通行手形
バリアフリー設備 障がい者用P:○
車椅子貸出:○
車椅子対応スロープ:○
車椅子対応トイレ:○
盲導犬の受け入れ:○
オムツ交換台:○
割引:○
その他情報 面積 :14.7ha
お問い合わせ 0288-77-1777
ホームページ http://www.edowonderland.net/「江戸ワンダーランド日光江戸村」の詳細はこちら

日本三大名瀑の一つ。中禅寺湖の流出口にある。観瀑台までエレベーターが通じ、97メートルの岩壁を一気に落ちる様がみられる。

\口コミ ピックアップ/
吹雪の中の華厳の滝は感動です。
氷の中から水がでてるようにみえる、幻想的な景色。
まわりの木々達も雪化粧されていて童話の世界みたいでした。
行った時期:2018年3月

素晴らしい滝を見ることが出来ました。車をとめて、家族全員でゆっくり見学しましたよ。かなりおすすめですよ。
行った時期:2018年1月

関東でも有数の大温泉。渓谷を流れる鬼怒川の両岸に近代的な大旅館が立ち並んで細長い温泉街を形づくっている。東京から近く日光観光の基地ともなることから団体客をはじめ多くの観光客で賑わう。春から初冬にかけての鬼怒川ライン下りが名物で、特に紅葉のころは美しい。

\口コミ ピックアップ/
何度行っても大好きな観光地です。私は飽きません。橋の上からの眺めが最高です。ブラーリ散策するのが1番のお勧めです。
行った時期:2018年2月

何度も訪問しています。都心からもアクセスが良く、観光地もたくさんあります。景色も良く、宿泊施設も充実していて飽きません
行った時期:2018年2月

男体山の神と女峰山の神をまつる二荒山信仰の本社。国宝、重要文化財の寺宝は中宮祠宝物館に展示。

\口コミ ピックアップ/
沢山、パワースポットの箇所があり楽しめました。
ハート投げと言うのがあり、絵馬にお願い事を書いて木に向かって投げるのですが楽しめました。
樹齢数百年の樹木の胎内くぐりも有りパワー貰えた感じがしました。
行った時期:2018年2月

一度入ってみたいとずっと思っていた念願のスポットです。やっと行くことが出来て大興奮していましたよ。感動しましたよ。
行った時期:2018年1月

所在地 〒321-1431 栃木県日光市山内2307
交通アクセス1日光駅からバスで7分
西参道下車から
営業期間 営業:4月~10月 8:00~17:00
営業:11月~3月 9:00~16:00
料金 大人:大人:200円 神苑入苑料
中学生:中学生:100円 神苑入苑料
小学生:小学生:100円 神苑入苑料
その他:その他 日光神楽 500円10名以上/特別参拝神楽 1,000円10名以上
その他 文化財:世界遺産
その他情報 創建年代 :782
お問い合わせ 0288-54-0535「日光二荒山神社」の詳細はこちら

栃木県日光市の日光国立公園内にある「中禅寺湖」。
2万年前に男体山が噴火してできた堰止湖で、日本の湖沼では25番目の面積規模11.62平方kmを有し、日本百景に選定されている湖です。
中禅寺湖から見える景色は絶景スポットとして人気があり、北には男体山、北西には戦場ヶ原が広がり、ボート、キャンプ場といった施設や、定期の遊覧船に乗ることも可能。
堰止湖のため、もともとは魚は生息していなかったが、明治期より徐々に放流が行われ、現在ではマス類をはじめ24種の魚種が生息しています。
毎年8月4日には勝道上人に関連した土地を船で巡礼する「船禅頂」という行事を開催しています。

\口コミ ピックアップ/
夕暮れ時に近かったので、湖面に夕陽が反射してキラキラきれいでした。
寒いのでボートはでてなかったけど、フェリーが動いてました。
行った時期:2018年2月

風が冷たくてボートに乗れなかったけど今度は新緑の頃に来てみたいですね!
近くに華厳滝温泉地ロープウェイ楽しむ所が沢山有るけど中禅寺湖に一番長く居ましたよ!
行った時期:2017年11月

『鬼怒楯岩大吊橋』は、平成21年春に完成した全長140mの歩行者用の吊橋です。川面までの高さは、37mで絶景が望めます。近々200万人突破いたします!!そして、鬼怒楯岩大吊橋は、鬼怒川は女性、楯岩は男性を表すとされている事から縁結びの橋と言われています。

\口コミ ピックアップ/
景色は良いですよ!天候が良かった為か観光される方は多かったです。水面からは結構高い位置に吊り橋があり、高所恐怖症の私は足がすくんでしまいました。
行った時期:2018年2月

吊り橋と駐車場の距離が近く、トイレも近いので、利用にはとても良かったです。
近くのサンシャイン鬼怒川ホテルの足湯カフェにも立ち寄れるので、吊り橋を眺めながらのティータイムもお薦めです。
行った時期:2018年2月

所在地 〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原
交通アクセス1最寄の鬼怒川温泉駅から、車で5分
2最寄の鬼怒川温泉駅から、徒歩で13分程度
その他 ご利益:『良縁』『幸せな家庭』『子宝』
駐車場 普通車 26台、大型車 2台「鬼怒楯岩大吊橋」の詳細はこちら

平家落人の伝説を秘めた、山あいの小盆地に湧く温泉。平家の落人の生活、歴史を知ることができる「平家の里」をはじめ、茅葺屋根の平家部落や「湯西歴史資料博物館」、さらには数多くの平家関係の史跡などを見てまわるコースは、ゆっくり見ても4~5時間。露天風呂を備えた旅館も何軒かある。

\口コミ ピックアップ/
温泉プラス雰囲気が好きです。更にかまくら祭りも!最高です。雪道が苦手じゃなければ是非!オススメです。
行った時期:2018年2月

昔ながらの温泉で、気持ちが良かったです。年配のお客さんにも良いと思いました。
空いていたのでゆっくり出来ました。
行った時期:2017年8月

今から2200万年前に海底火山の活動によって噴出した火山岩が鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったと言われています。川治温泉と鬼怒川温泉の間にあり、巨石間を奔流し滝を集め、特に春から秋にかけて素晴らしい。

\口コミ ピックアップ/
美しくて思わず時間がたつのを忘れてしまうほどでした。子供たちは初めて見た景色に大興奮していましたよ。
行った時期:2018年1月

駐車場も広く、朝の光に輝く滝?深みのある川面の色がとてもあざやかなこと、、、!。階段もさほど辛くなくゆっくり散歩できたので駐車場内のお店で食事もしちゃいました。
行った時期:2018年1月

奥日光のうちでも最奥の温泉で、前面に湯ノ湖、背後に白根山などの高い山々をひかえる。近代的な建物が多い中にも、落ちついた雰囲気が漂っており、新緑?紅葉の季節をはじめスキーやキャンプ、登山の基地として一年中多くの観光客を迎えている。また、湯ノ湖一周、湯滝を通り、戦場ガ原、中禅寺湖へ、刈込?切込湖を通って光徳牧場へのハイキングコースも整備されている。

\口コミ ピックアップ/
雪を見ながらの露天風呂。白濁の湯は時間の経過や光の当たり具合で色が変わって見えます。ちょっと黄色味がかっていたり緑がかって見えたりします。
行った時期:2018年2月

日光から群馬に抜けるため、いろは坂を通り、中禅寺湖を超え、その先に奥日光湯元温泉がありました。パンフレットに白い湯の温泉が目につき、ネットで日帰り入浴できる施設を急遽検索。ネットでは多数のお宿で日帰り入浴ができるようです。
白くて熱めのお湯で、とても良かったです。
行った時期:2017年10月

世界の名画、彫刻を題材にしたユニークなトリックアート美術館。予約なしでご利用可能です。2次元のものを3次元にみせる錯覚を利用した面白アートは、観て触って写真も撮って楽しめる。ピラミッドの内部のようなコーナーや、まるで空中に浮いているかのような立体的な魚の絵などなど。思わず近付いて触ってみたくなる作品ばかりだ。

トリックアート美術館が日光にもオープン

\口コミ ピックアップ/
実際は平面に描かれているだけなのに、奥まで続いている廊下に見えたり、階段があるかのように見えたり、その他いろいろ楽しめました。写真撮影には最高です。
行った時期:2018年3月

想像よりもずっと凝っていて、年齢を問わず楽しめます。
エジプトブースは迷路のようになっていて、面白かったです。
全て楽しくて満喫しました。
行った時期:

所在地 〒321-2525 栃木県日光市小佐越1-4

遊び?体験の集合場所は、実施会社の住所が異なる場合があります。マイページでご確認ください。
交通アクセス1日光宇都宮道路今市ICよりR121経由、鬼怒川方面へ15分
営業期間 営業:9時30~17時00分夏季7月中旬~8月31日9:00~17:30
休業:臨時休あり
その他:年中無休
駐車場 あり無料
100台
お問い合わせ 番号を表示
※電話でのご予約はポイント対象外となります。ご注意ください。

湯川の急流が岩をはみ奔流する長さ210メートルの流れる滝。展望台や落着いた茶屋などがある。

\口コミ ピックアップ/
滝を眺めながらお茶や甘味やお蕎麦が
頂けます
お団子とお茶、美味しかったです
次はお雑煮が有名みたいなので
食べてみたいです
行った時期:2018年3月

紅葉シーズンの賑わいからすると中心の木々の寂しげな姿と誰もいない様変わりな風景でした。駐車待ちの光景も一切無し。
行った時期:2018年2月

日光街道?例幣使街道?会津西街道の両側に延長37kmにわたってつづく杉並木で、松平正綱が日光東照宮鎮座の後に、紀州熊野から20万本余りの杉苗を取り寄せ、植樹して寄進したものである。現在、その内1万4000余本が残っており、ほとんどが樹齢330年以上の老杉である。その由緒を記した寄進碑が日光神橋畔と今市の大沢?大桑?小倉に立てられている。日光街道を宇都宮へ向かう右側にある杉に桜が寄生した珍しい桜杉がある。

\口コミ ピックアップ/
日光を訪れる際には必ず通る道だと思います。
初めて行く方は大きな杉並木を見ると、日光へ旅行しに来ているという気分が高まります。
行った時期:2018年2月

日光にドライブに行った際に近くに立ち寄らせていただきました。家族全員でうわっと感動しましたよ。おすすめですよ。
行った時期:2018年1月

平家が源平の戦に敗れてからちょうど800年目、昭和60年に建てられました。平家落人の生活様式を後世に残すため、村内の民家数棟を移築し再現。古くから伝わる生活用具の展示や、木鉢、木杓子つくりの実演、名物の販売、平清盛、敦盛の像等が展示されています。

\口コミ ピックアップ/
茅葺き民家と大きなかまくらの中に入りました。ミニかまくらは、夜はライトアップします。
毎日ではありませんが、湯西川の民話を聞いて欲しいです。
方言が優しく、ほっこりします
行った時期:2018年3月

静かな雰囲気で居心地が良かったです。車で行きましたが、便利でした。年配のお客さんでも大丈夫です。また行きたいです。
行った時期:2017年8月

所在地 〒321-2601 栃木県日光市湯西川1042
交通アクセス1湯西川温泉駅からバスで30分
終点下車から徒歩で10分
2日光宇都宮道路今市ICから車で70分
営業期間 開館時間:8:30~17:00
開館時間:9月~11月 9:00~16:30
開園時間:12月~3月 9:00~16:00
その他:無休
料金 大人:510円
子供:250円
その他情報 管理者 :平家の里湯西川協同組合
お問い合わせ 0288-98-0126
ホームページ http://www.tochigiji.or.jp/873.html「平家の里」の詳細はこちら

男体山?イロハ坂?日光市街の眺望がよい。所要時間は明智平から展望台まで約3分。標高1473メートル地点まで上れる。展望台から先は茶の木平方面に遊歩道が設けられていて、中禅寺湖まで抜けることもできる。

\口コミ ピックアップ/
空の青色が、見ごたえがあり、ついつい息を飲んでしまうほどでしたよ。ドライブに行った際に立ち寄らせていただきました。
行った時期:2018年1月

ロープウェイで展望台まで2~3分です。 遠くに華厳の滝や中禅寺湖が見えます。 あいにく曇りだったのですが晴れた日は最高でしょうね。
行った時期:2017年11月

所在地 〒321-1445 栃木県日光市細尾深沢
交通アクセス1JR?東武日光駅からバスで40分
明智平バス停から徒歩で1分
営業期間 営業時間:9:00~16:00 明智平ロープウェイ ※紅葉シーズン等は営業開始時間が早まること、営業時間を延長することがあります。
休業日:3月1日~3月15日 明智平ロープウェイ ※整備のため
料金 大人:大人:400円 往復730円、明智平ロープウェイ
子供:子供:200円 往復370円、明智平ロープウェイ
お問い合わせ 0288-55-0331「明智平 展望台」の詳細はこちら

猿のお芝居、大道芸、そしてTV出演して有名になった、おさるタレントの『いずも』もいます。

\口コミ ピックアップ/
あの日光さる軍団が見られるところで、お猿さんのショーをやっています。結構笑えます。11月の3連休とあって、特に子供連れの家族が多かったです。
行った時期:2017年11月

久々に行きましたが、さるのUFOキャッチャーなど楽しめるアトラクションもあり、ステージもたくさん笑わせてもらいました! また、家族でいきたいです
行った時期:2017年7月

所在地 〒321-2524 栃木県日光市柄倉763
交通アクセス1鬼怒川温泉駅より『日光江戸村』行バス おさるの学校前下車
営業期間 営業時間:劇場公演スケジュール: 平日11時、13時、15時 各45分間 / 土日祭日10時、11時、13時、15時 各45分間
料金 その他:中学生以上 2000円 / 子供 1000円 / 65歳以上 1500円
駐車場 無料
お問い合わせ 0288701288
ホームページ http://www.osaruland.jp/facility/「日光さる軍団」の詳細はこちら

766年に勝道上人により庵が作られたのが始まり。比叡山や東叡山とともに天台宗三本山の一つとして数えられ、本堂にあたる三仏堂、庭園の逍遙園、3万点の宝物を所蔵する宝物殿、徳川三代将軍家光を祀る大猷院たいゆういんなどがある。日光山全体の拝観には共通拝観券大人1000円が便利。

奈良時代に開創された天台宗三本山の一つ

\口コミ ピックアップ/
おごそかな雰囲気の素晴らしいスポットです。ついつい美しくて息を飲んでしまうほどでしたよ。間違いなくおすすめですよ。
行った時期:2018年1月

改装中で、今しか見られないところがあるとのことで来てみました。近い場所から観音様を見ることができました。また、改装中の屋根も上から見ることができます。今年の3月までなので、改装が終わったらまた来てみたいです。
行った時期:2017年12月

所在地 〒321-1431 栃木県日光市山内2300
交通アクセス1JR日光駅、又は東武日光駅より東武バス中禅寺行5分、神橋、又は西参道より各徒歩5分
営業期間 営業:8時~17時11月~3月は~16時受付~各30分前
休業:宝物殿のみ年間10日間程不定あり
その他:年中無休
料金 その他:三仏堂400円、宝物殿300円、大猷院550円
駐車場 あり有料1日500円
100台「日光山 輪王寺」の詳細はこちら

※この記事は2018年3月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

こんにちは、じゃらんレンタカー編集部です。じゃらんレンタカーは、「“旅”をもっと自由に~ 車に乗れば、楽しみはもっと広がる~」をテーマに、旅行先でのドライブに使える情報を発信しています。

日光東照宮アクセス?営業時間?料金情報。

日光金谷ホテルにチェックイン後、15時30分頃でしたが、17時まで営業していると思い、少し急いで行きました。日光金谷ホテルからは歩いて数分、立地としては目の前です。平日だったためか、修学旅行生で混雑はしていましたが、1時間ほどで見ることができました。至るところに素晴らしい彫刻が施されていました。立ち止まってじっくり見たくなりますが、混雑時は人の流れが激しくて立ち止まれないかと思います。あと、入口からして坂道ですし、奥の方まで行くと、更に山登りのように進んでいかないといけないので、足腰が丈夫でないと厳しいです。中禅寺湖の方とは違ってバスの本数が多いので、交通も便利です。

日光観光は東照宮だけじゃない。

関東有数の観光地?日光のおすすめ観光スポットを紹介します。日光は関東地方の北部、栃木県にあります。江戸時代に徳川家康と徳川家光の廟地になって以来、日光東照宮の門前町として参拝客で賑わいました。歴史ある建造物が数多くあり、二荒山神社や日光山輪王寺などは「日光の社寺」として世界遺産になっています。また豊かな自然にも恵まれ、華厳の滝や中禅寺湖、男体山など人気スポットが目白押しです。そんな日光のおすすめ観光スポットをまとめました。ぜひ日光観光の際の参考にしてみてください。

日光観光で外せないスポットといえば日光東照宮。二荒山神社や日光山輪王寺とともに「日光の社寺」として世界遺産に選ばれています。そのほかにも日光には歴史ある建築物が多く存在します。日光の歴史と伝統を感じながら、パワースポット巡りをしてみてはいかがでしょうか。

栃木県にある世界遺産に登録された日光を代表する神社、日光東照宮。徳川家康を祀るために建てられました。現在の社殿群のほとんどは3代将軍家光によって行われた「寛永の大造替」で建て替えられたものです。世界文化遺産に登録されている社殿群には、五重塔、表門、三神庫、神厩舎三猿、陽明門、唐門など、江戸時代の建築美を代表する文化財が残されています。

男体山のふもとにある二荒山神社は、勝道上人が開いた日光山信仰の始まりとなった神社です。男体山をご神体とする二荒山神社には、招福や縁結びのご利益をもたらす大己貴命がまつられており、2本の杉が寄り添う「夫婦杉」などパワースポットがたくさんあります。1999年には「日光の社寺」の一部としてユネスコの世界遺産に登録されました。

湯殿山神社は栃木県日光市にあります。湯西川で温泉が発見された天正年間に、出羽三山の羽黒山から土を移して建てられました。湯西川を守る総鎮社です。8月中旬に毎年開催される例祭の湯殿山大祭礼では、天狗の面をつけた猿田彦を先頭とした大行列が慈光寺から湯殿山神社へ向かいます。多くの見物客が訪れる伝統のお祭りです。

平家の里は、平家落人の伝説が残る湯西川温泉のそばにあります。平家落人の生活様式を後世に残すため、村内のかやぶき屋根の民家を移築し再現しました。民家の中は資料館になっていて、当時の道具などが展示されています。6月に行われる平家大祭では、鎧兜の武者や雅びやかな姫が湯殿山神社から平家の里までの約2kmの道のりを練り歩きます。

陽明門は日光東照宮内にある、日本を代表する最も美しい門です。宮中正門の名をいただいたと伝えられています。いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」と呼ばれ、故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされています。2013年から大規模な修理?修復が行われており、2016年3月には新たな陽明門を見ることができます。

滝尾神社は二荒山神社の別宮です。二荒山神社の主祭神である大己貴命の妃神、田心姫命がまつられています。本殿裏には「滝尾三本杉」と呼ばれる巨木が立ち、石鳥居や石灯籠を建てて石柵を巡らした一画があります。この一画に田心姫命が降臨したと伝えられています。近年パワースポットとして注目を集める人気スポットです。

神橋は二荒山男体山をご神体としてまつる二荒山神社の建造物で、日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋です。橋を渡るのに300円がかかるほど、人気で歴史のあるスポットです。 現在のような朱塗りの橋になったのは1636年の東照宮の大造替のときで、日本三大奇橋の1つに数えられています。

足尾銅山は1973年に採鉱を終了し、観光施設として生まれ変わりました。廃坑となった一部を解放しており、坑内には採掘が行われていた当時の労働作業を再現した人形が設置されています。全長700mのトロッコ電車に乗って坑内の様子を見ることができます。また施設内には資料館が併設されており、選鉱や精錬の過程がわかりやすく展示されています。

日光山輪王寺は、栃木県日光市にある寺院で、日光の寺社のひとつとして世界遺産に登録されています。1200年以上前の奈良時代に日光開山の祖である、勝道上人が四本龍寺を建てたのがはじまりです。比叡山や東叡山ととも天台宗三本山の一つに数えられています。

お出かけの定番といえばテーマパーク。家族連れでも友達とでも、誰といっても楽しめますよね。日光には江戸時代の街並みを再現した日光江戸村や不思議体験ができるとりっくあーとぴあ日光、ミニチュア建築物で世界一周の旅ができる東武ワールドスクウェアなど、個性あふれるテーマパークが満載。どれも一風変わった面白い体験できますよ。

日光江戸村は江戸時代の街並みを再現したテーマパークで、園内は街道、宿場町、商家街、武家屋敷、忍者の里の五つのエリアに分かれています。一歩足を踏み入れるとまるで江戸時代にタイムスリップした気分が味わえます。園内では江戸人変身や職人体験、忍者体験、弓道体験など実際に楽しめる体験も盛りだくさん。江戸の町人文化にふれることができます。

東武ワールドスクエアは世界の建造物や世界遺産を25分の1のスケールで再現したテーマパークです。エッフェル塔や自由の女神など有名な建築物が、建物の細部まで詳しく再現されています。おすすめは45の世界遺産を含む、世界の有名建築物102点を1日で巡る、世界一周の旅。世界を旅行した気持ちになれるおすすめのスポットです。

とりっくあーとぴあ日光は、「観て」「触れて」「写真を撮って」遊ぶ不思議体験ミュージアムです。屋内型テーマパークなので、雨の日でも暑い日でも気にすることなく遊べます。人間の錯覚を利用して、絵が立体的に見えたり、見る角度によって見え方が変わったりと、面白い仕掛けがたくさん用意されています。

光徳牧場は、約3万平方メートルの広大な牧場で乳牛を放牧しています。絞りたての牛乳や名物のアイスクリーム、ハンバーグやステーキなどのグルメを楽しむことが出来ます。近くには美しい名所「光徳沼」や日帰り入浴が可能な「光徳温泉」があり、のんびりと散策することができるスポットです。

大笹牧場は、日光国立公園内の標高約1200mに位置し、関東平野を一望できる牧場です。牧場内には、大自然の中で動物と一緒に遊べるふれあい施設や、家族で楽しめるアスレチックが設けられています。ほかにも、酪農体験やワッフル作り体験、乗馬、キャンプが楽しめます。また、施設内のレストランではソフトクリームなどの乳製品やジンギスカンを味わうこともできます。

山や滝、湖、高原など豊かな自然に囲まれた日光。そんな日光の魅力あふれる自然を感じながら、登山やハイキングに挑戦してみてはいかがでしょうか。男体山や湯ノ湖、龍王峡では登山コースやハイキングコースが整備されており、初心者でも気軽に安心して始めることができますよ。

男体山は中禅寺湖の北にそびえる標高2486メートルの山で、別名「二荒山」と呼ばれています。山頂には日光二荒山神社のほこらがあり、山全体が信仰の対象になっています。男体山のふもとに点在する湖や滝は、この山の噴火活動によってできたものです。北側から東側は傾斜が緩やかで、初心者でも登りやすい登山コースとして人気があります。

湯の湖は三ツ岳の噴火で湯川がせき止められてできた湖です。周囲は約3km、三方を山で囲まれています。湖岸には散策路が整備されており、1時間ほどで一周できます。湖の周囲にはノリウツギ、ウダイカンバなどの広葉樹とコメツガ、ウラジロモミなどの針葉樹の原生林があり、変化に富んだ手つかずの自然を楽しむことができます。

日光国立公園は、日光市を中心として、栃木県や群馬県、福島県の3県にまたがる国立公園です。栃木県の日光エリアには、白根山をはじめ古くから信仰の山として名高い男体山、火山活動が活発な那須岳などの山岳地と東照宮や輪王寺、日光二荒山などの歴史的な建築物が含まれます。

霧降高原は標高約1200メートルに位置し、ニッコウキスゲをはじめとする高山植物の群生地です。整備されたハイキングコースからは、春にはツツジ、夏にはニッコウキスゲ、秋には紅葉を鑑賞できます。また豊かな自然に恵まれ、ハイキングやスキー、キャンプ、ゴルフなどが楽しめます。

龍王峡ができたのは今から2200万年もの昔。海底火山の活動によって噴出した火山岩が、鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったといわれています。その名の通り、まるで龍がのたうつような姿を思わせる圧巻の景色は、川治温泉と鬼怒川温泉の間およそ3kmに及びます。ハイキングコースが整備されており、文学碑や植物、野鳥、動物などに囲まれた自然の中を歩いてみてはいかがでしょうか。

戦場ヶ原はかつて湖だった場所が湿地化してできたもので、男体山のふともに広がっています。湿地帯には散策路が整備されハイキングコースになっており、多くの観光客や修学旅行客が訪れる人気スポットです。300種以上の植物が自生し、季節ごとにさまざまな景観を観察することができます。

観光に訪れたら観たい、その土地ならではの絶景。自然あふれる日光には感動すること間違いなしの絶景スポットがたくさんあります。ギネスブックに載っている日光杉並木や日本三大瀑布の選ばれる華厳の滝など有名な絶景スポットを中心に選びました。どれも一度は訪れてほしいおすすめスポットです。

栃木県日光には48もの滝がありますが、中でも華厳の滝が有名です。奥日光に位置する華厳の滝は男体山のふともにある中禅寺湖を水源としています。高さ97m、幅7mの大瀑布で日本三大瀑布に数えられます。滝つぼの近くには観瀑台が設置され、エレベーターで行くことができます。周囲の自然と滝の壮大な眺めが堪能できます。

中禅寺湖は、約2万年前に男体山の噴火で流れ出た溶岩が川をせき止めたことでできた湖です。湖畔には緑豊かな自然が広がり、野生の動植物を観賞することができます。秋には、湖上から紅葉を眺める遊覧船が運航されます。日本百景に選定されており、四季折々の美しい風景を味わうことができます。

日光市の市街地と奥日光を結ぶいろは坂には、下り専用の第1いろは坂と上り専用の第2いろは坂があり、二つの坂にある急なカーブを合わせると48になります。上下あわせて48箇所ある急カーブを、いろは48文字にちなんで「いろは坂」と名付けられました。第2いろは坂には展望台が設けられていて、風景を眺めながら休憩を取ることができます。秋になると紅葉スポットとして多くの人が訪れます。

大自然の中にあり、すばらしい風景で名高い鬼怒川ですが、その鬼怒川の素晴らしさを満喫することができるのが、鬼怒川ライン下りです。船頭さんの巧みな櫂かいさばきで、奇岩?怪石が織りなす造形の妙を味わいながら、スリルたっぷりに川下りができます。鬼怒川名物の人気体験です。

間欠泉とは一定周期で水蒸気や熱湯を吹きあげる温泉のことを指します。アメリカにあるイエローストーンが世界的に有名ですが、川俣川俣温泉街の中心にも、勢いよく熱湯が噴き上がる間欠泉があります。約4、50分おきに1、2分間、大きく鳴り響く音とともに白い蒸気を上げて120度の高温泉を噴出します。湯柱の高さは2、30mに達します。間欠泉は、噴泉橋や間欠泉展望台から見ることができます。

湯滝は、湯ノ湖の南端にある高さ70メートル、長さ110メートルの滝で、湯川をせき止めてつくった三岳溶岩流の岩壁を湯ノ湖の湖水が流れ落ちます。滝壺に下りることができ、その近くに観爆台があって迫力ある姿を眺められます。戦場ヶ原から北上するハイキングコースの途中にあり、バス停、湯滝入口から近いため、気軽に観にいける人気スポットです。

明智平ロープウエイは明智平から約3分で展望台まで上れます。明智平は明智光秀がその名前をつけたと言われており、日光でもっとも眺めのよい場所として知られています。展望台から先には遊歩道が設けられていて、中禅寺湖まで行くことができます。展望台から約20分の地点に鉄塔があり、人気の展望ポイントになっています。

鬼怒楯岩大吊橋は、鬼怒川温泉街の南部と名勝楯岩を結ぶ全長140mの歩道専用吊橋です。高さ約40mの橋上からは、鬼怒川の急流や緑豊かな山々を眺めることができます。楯岩の頂上には展望台が整備されており、眼下には鬼怒川の清流と温泉街、遠くに鶏頂山をはじめとする美しい山並みという大パノラマが満喫できます。

日光杉並木は、日光街道、例幣使街道、会津西街道の3つの街道に跨り、37kmに渡って続く杉並木です。玉縄藩初代藩主である松平正綱が紀州熊野から20万本余りの杉苗を取り寄せ、寄進して作らせました。現在その内の1万4000本が残っています。平成3年には「世界一長い並木道」としてギネスブックに認定されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です