自作の履歴書を送ってもいいの 職務経歴書は手書きとパソコンWord等とどちらが良い

自作の履歴書を送ってもいいの 職務経歴書は手書きとパソコンWord等とどちらが良い

自作の履歴書を送ってもいいの。職務経歴書は手書きとパソコンWord等とどちらが良い。転職活動の履歴書は。

転職活動について。数年前に一度転職をしており、その時は履歴書は手書きが良いと言われており、そのようにしておりました。現在は履歴書はパソコンが当たり前ですか?それとも手書きで問

題ないですか?

自作の履歴書を送ってもいいの。

「気になる求人に応募したいが、まだ履歴書を作っていない」「市販の履歴書を買ったが、免許?資格欄に書けることがなくて困っている」「履歴書を自分流にカスタマイズしたい」……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらでは、履歴書を自作するときに押さえておきたいポイントや、履歴書を作る際の注意点をまとめてご紹介します。手書きの履歴書もパソコンの履歴書も、どちらでも大事になるのは「分かりやすく、見やすい履歴書になっているか」という所。採用担当者の目を引く読みやすい履歴書を、一緒に作っていきましょう。

「履歴書は市販の物を使わなければいけない」という決まりはありません。自分がアピールしたいことや伝えたいことに合わせて、履歴書のフォーマットを自作しても良いのです。

市販の履歴書には「免許?資格に関する特記事項」「特技」といった欄がありますが、社会人経験が浅かったり、資格を持っていなかったりすると、なかなかすべての欄を埋められませんよね。空白が目立ってしまい、“スカスカ”という印象を与えてしまうケースもあります。また、「アピールしたいことが他にあるのに、欄が小さくて書ききれない」ということになってしまう場合も。そんな時には、履歴書を自分流にカスタマイズすることをオススメします。

たとえば、志望動機や自己PRの欄を大きく取れば、自分の思いが伝わりやすくなります。また「資格習得に向けて勉強をはじめました」「専門学校に通っていたため、基本的な知識はあります」といった意欲?熱意も伝えることも可能です。自分に必要ない項目は、消してしまえば履歴書の空白が悪目立ちすることもなくなります。

履歴書を自作する際は、WordやExcelを使いましょう。といっても、イチから作るのは大変ですし時間もかかりますよね。そこで、既存のフォーマットをもとにカスタマイズするのはいかがでしょうか。出来上がっているものを編集すれば、必要な項目を足したり、いらない項目を削除したり……といった部分的なカスタマイズも簡単です。

以下のページにWord/Excelそれぞれの履歴書フォーマットがあります。

など、タイプに合わせたフォーマットをご用意していますので、履歴書の自作を考えている方はぜひ一度参考になさってください。

履歴書に入れる項目は、名前?住所?連絡先?学歴?職歴の他は、基本的に自由です。しかし、あまりにも市販の履歴書と内容がかけ離れすぎていたり、「カスタマイズされすぎていて、見づらい」となったりしてしまうと、書類選考上で不利になってしまう場合も。以下の内容を参考に、履歴書に何を書くか考えられるといいでしょう。

“今までどんなスキルを身に付けてきたか”“そのスキルをどう活かせるか”といった内容まで書けると、採用担当者に興味を持ってもらいやすくなります。

仕事上の強みや、身に付けた技術?スキルなど、受ける求人に合わせてスキルをアピールできると好印象です。

操作できるソフトやパソコンスキルなどを記載します。営業職なら「売上○%アップ」といった実績を書いてもいいですし、専門職などの場合は、「○円規模のプロジェクトに関わった」など、プロジェクトの大きさを示してもよいでしょう。

TOEIC、TOEFLといった検定名と得点を記載します。また「英語:ビジネス英会話レベル」「中国語:日常会話レベル」といったレベルを書くことでも、語学力をアピールできます。

正式名称で記載。取得時期も含めて記載します。

業務外での取り組みなど、「どのような人物か」が伝わるように記載すると良いでしょう。

A3あるいはA4サイズ1~2枚程度の用紙で、採用担当者の負担にならない情報量でまとめるのが理想的です。情報量が少なすぎるとあなたがどんな経歴を持っているのかイメージできませんし、逆に多すぎると「読みづらい」「配慮ができていない」という印象につながることも。伝えたいことを簡潔に、分かりやすくまとめた履歴書が採用担当者に好まれるようです。

採用担当者は、手書きの履歴書から「丁寧さ」や「意欲」を感じ取っています。これは「文字には人となりが表れやすい」と考える採用担当者が依然多いため。字の上手い?下手だけではなく、丁寧に書かれた文章を見て「仕事も正確にやってくれそう」という印象を受ける担当者もいます。字がキレイな方や過去に書道を習っていた方だと、自分をアピールするため手書きで履歴書を作成しても良いかもしれません。

その一方で手書きの履歴書は1枚1枚作成するのに時間がかかるというデメリットがあります。また、修正液で直すことは良しとされていないため、ミスをした時にはイチから書き直さなければいけないのも難点です。

手書きのものと比べ、パソコンで作成した履歴書には「文字が読みやすい」「基本的なPCスキルがある」ということを間接的にアピールすることもできる、という利点があります。また、誤字や脱字をした際もイチから書き直すのではなく、その部分だけ修正することが可能。一度履歴書を作成すれば、他の企業を受ける際に「元のデータを編集して履歴書を作成する」ということもできます。効率性を求める方なら、パソコンでの履歴書作成がオススメです。

その一方で、「手書きの履歴書の方が丁寧」と考えている採用担当者には「そっけない」「志望度が低そう」という印象を与えてしまう可能性もあります。

企業側から「直筆で」あるいは「PCで作成してください」といった指定があった場合は、従うようにしましょう。

企業によって手書きの履歴書が好まれるケース、PCで作成したものの方が喜ばれるケースが分かれる場合があるので、特に指定がない場合は受ける企業に合わせて選択すると良いでしょう。

たとえば、老舗企業や大手企業、また、社員の平均年齢が高い中小企業の場合「履歴書は手書きが一般的」という考えが残っている所もあります。その場合は時間をかけて丁寧に手書きで作成した方が、好印象を残すことができるでしょう。

一方で、外資系企業やIT?Web系企業、ベンチャー企業の場合、手書きというだけでマイナスイメージとなることもあります。その理由は、パソコンを使えばすぐできるのに、手書きを選択していることで「非効率」という印象を与えてしまうから。こういった企業の場合、履歴書はパソコンで作成した方が良いイメージを与えられます。

履歴書を作成する場合は、「見やすさ」を意識するのがポイントです。採用担当者は一度にたくさんの履歴書を見ます。そのため、中には「限られた短い時間で読み込むため、内容がすぐに分かる書き方でないと、誤った判断をしてしまう場合がある」「見る人への配慮ができていないと評価が低くなる」という採用担当者もいるのです。

まず注意すべきは「文字の大きさ?フォントは揃っているか」というポイント。Word/Excel、それぞれ以下の文字サイズ?フォントで統一すると、見やすく整理された印象の履歴書になります。

※特に目立たせたい部分は、14p~18pt程度のフォントサイズにするといいでしょう。

※こちらも目立たせたい部分は、14p~18pt程度のフォントサイズにするといいでしょう。

伝えたい内容は同じでも、まとめ方によって「読みやすい文章」にも「なんだか読みづらい文章」にもなりえます。その差を大きく左右するのが、レイアウト。ここでは、どんな所に気をつければ見やすいレイアウトになるのか、ご紹介します。

伝えたいことがたくさんあるのは良いことですが、行間がビッシリと詰まっていると、どうしても読みづらくなってしまうもの。そこで、伝えたいことはブロックごとに構成して見出しをつけたり。また、適宜改行を使ったりしながらまとめることで、見た目もスッキリ分かりやすくなります。

履歴書には「明朝体」「MS Pゴシック」といった一般的なフォントを使いましょう。特殊なフォントを使った場合、自分のパソコンと応募企業のパソコンの相性が悪いと、文字化けしてしまうこともあります。

伝えたいことがコンパクトにまとまっていると、採用担当者も理解しやすいです。「、」「。」を使いながら情報は端的にまとめ、一文は短く収めましょう。

行によって文章が左から始まったり、中央から始まったり……とバラバラだと、採用担当者にストレスを与えてしまいます。

色々とご紹介してきましたが、履歴書で大事なのは「アピールしたいことが分かりやすく伝わる内容か」ということ。「手書きで履歴書を作ったから合格」「PCだったから不合格」と合否に直結するわけではありません。選考を受ける企業のタイプを考え、その時合うやり方を選ぶことで、書類選考の通過率も上げられます。

履歴書の書き方ガイド ~見本?ダウンロードフォーマット付き~完全版魅力的な履歴書を作るための完全ガイド!履歴書の役割、項目ごとの具体的な書き方、NGポイントなどを紹介していきます。履歴書のテンプレートも用意してありますので、作成時にぜひお役立てください。

職務経歴書は手書きとパソコンWord等とどちらが良い。

転職活動において、企業への応募の際に時に必要な書類の一つ、職務経歴書。いざ、作成しようとすると悩むのが、手書きで作成するか、それともパソコンで作成するかという問題。市販されている履歴書を購入すると、手書き用の職務経歴書が付属されていることもあり、パソコンで作成しないほうが良いのか?と悩んでしまうかもしれません。果たして職務経歴書は手書きとパソコン、どちらで作成したほうがよいのでしょうか。迷っている方は、ぜひ本ページをご参照ください。

大前提として、職務経歴書の作成において、手書きかパソコンかは決まりがあるわけではありません。しかし、オススメしたいのは、パソコンでの作成です。パソコンで作成することの最大のメリットは、手書きと比較して「効率的」であることが挙げられます。どのような面で効率的なのか。メリットを一つずつ解説していきましょう。

たとえば、うっかり誤字や脱字をしてしまった場合、パソコンであればスグに修正できますが、手書きだと修正のたびに、最初から書き直さなくてはいけません修正液の使用はNGです。履歴書と比べ、文章量も多くなる職務経歴書。完成間近であればあるほど、間違えてしまったときのダメージも大きいですよね…。ミスをしてしまってもスグに直せるというのは、最大のメリットです。

職務経歴書は、A4用紙2~3枚程度が適切な文量です。文字数も増えるので、手書きの場合、読み手である採用担当者にとって読みづらい印象を与えてしまう可能性があります。一方、WordやExcelなどを使用すれば、文章やフォント、改行、行間の調整などは自由自在。手書きよりも断然読みやすい職務経歴書を作成できるでしょう。

志望企業ごとに職務経歴書を作成することになりますが、手書きの職務経歴書は1点もの。一度企業に提出してしまったら手元には残りません。他の企業に応募する場合、再びゼロから作成する必要があります。しかし、パソコンで作成すれば基本の職務経歴のデータは残るので、あとは企業ごとにカスタマイズするだけ。データが残ることはとても大きなメリットなのです。

パソコンでの作成のデメリットとして、複数の企業に同じ内容の職務経歴書を送信してしまい、書類選考で企業側の採用担当者に使い回しがバレる可能性が挙げられます。企業側の採用担当者は一回の募集で何十通から何百通の職務経歴書を確認するため、自社のことを理解して、職務経歴書を作成されているかはひと目で理解できてしまいます。

データが保存できるものの、応募する企業ごとに職務経歴書の書き方を、部分的にカスタマイズするなど、アピールのポイントを変更することが重要です。

パソコンワード等を使用して職務経歴書を作成すると、漢字や単語の予測変換機能が使えたり、自由にレイアウト変更も可能。とても便利であるがゆえに注意したいポイントがあります。以下3つの注意点を参考にしてみてください。

一度間違えた変換をパソコンが覚えてしまうと、自分では合っているつもりでも誤字が発生しているということも。同じく記憶した変換によって、「である調、ですます調が混在」してしまうことや、英数字などの「半角全角がバラバラ」ということも。ワードなど文章作成ソフトには「文章校正」機能がありますので、必ずチェックを行ない、誤字を防ぎましょう。職務経歴書は重要な書類です。提出する前に念入りにチェックしましょう。

フォントをある程度小さく設定ができるのもパソコンならではの便利さです。とはいえ、改行せずに小さな文字でびっしり書かれた文章は読みづらい印象を与えます。また、職務経歴書が3枚を超えるようなボリュームになってくると、多すぎると感じられてしまうでしょう。採用担当者には「相手へ気遣いができない」「簡潔にまとめる力がない」と評価されてしまいますので詰め込みすぎに注意しましょう。

職務経歴書は、具体的に自分の経歴をアピールする書類です。最低限、以下の項目を押さえて書きましょう。

自身の職務経歴の概要要約を、最大3~5行程度で記載します。

在籍年月と勤務先正式な会社名を記入。「資本金」「従業員数」「売上高」「事業内容」といった、勤務先の情報も併記します。

組織の中での役割部署、役職、異動など 、期間20○○年○月~20○○年○月を記載した上で、どんな仕事に携わってきたのかを具体的に書きましょう。

具体的な数字を使って説明します。たとえば、営業職なら「売上○%アップ」、生産技術や生産管理なら「返品率○割減」「○%のコストカット」など。実績に加えて、その結果を出すための工夫を書くとアピールになります。

職務経歴書は、パソコンでの作成をオススメしましたが、もちろん手書きでも問題はありません。市販の履歴書に付属した職務経歴書を使用して作成することで、以下のようなメリットがあります。ぜひ、ご検討ください。

職務経歴書を手書きで作成することで、企業側の採用担当者にとっては、応募者の「丁寧さ」や、「意欲」が伝わると言われています。なんでもかんでもパソコンで作成できる今だからこそ、逆に手書きの職務経歴書は目立ちますし、キレイな文字、行揃えなどからは、あなたの人柄も伝わるはずです。この会社に入社したい!という場合には、手書きで気持ちを伝えてみましょう。

応募先企業の社風や考え方によりますが、応募者から手書きの職務経歴書を受け取った際に、「パソコンスキルのない応募者」という印象を持つ採用担当者もいるようです。特にWordやexcelのスキルを求める職種への応募の際には、パソコンでの作成の方がよいでしょう。

手書きで職務経歴書を作成する際にも注意したいポイントがあります。以下2つの注意点を参考にしてみてください。

直筆で一生懸命書くことで「丁寧さ」が伝わりやすくなりますが、綺麗とは言えない文字だと職務経歴書を読み込む採用担当者にストレスを与えてしまい、逆効果です。読みやすい文字で書く自信がなければ、手書きはやめましょう。

職務経歴書には間違いの記載があってはいけませんが、修正箇所があってもいけません。いくら目立ちにくいように修正液や修正テープを使ったとしても、職務経歴書にじっくり目を通す採用担当者には違和感を抱かれてしまうものです。「ん?」を思われてしまえば、印象が悪くなってしまいます。

企業側からの指定がない限り、どの様式の職務経歴書を使用しても問題ありません。ここでは、用紙を手に入れる方法や、用紙を選ぶポイントを紹介します。

様々なWebサイトでダウンロードすることもできますが、プリンターを持っていなければ、市販されている職務経歴書を使うのがオススメです。コンビニ、文具店、100円ショップ等で市販されています。また、近くに店舗がなければ、ECサイトで購入することもできます。商品が到着するまでに数日かかる場合があるので、前もって準備しておくことが大切です。

見比べるとよくわかりますが、用紙によって特徴があります。たとえば、時系列で職歴を書く一般的なタイプは「編年体式」です。転職回数が少ない方、初期の職歴をアピールしたい方に適しています。現在から過去にさかのぼっていくタイプの「逆編年体式」もあり、これは転職回数が多い方や、直近の経歴をアピールしたい方にオススメです。

職種転換が多くキャリアの一貫性を説明しにくい方には、「キャリア式」が有効。時系列ではなく、経験職種?プロジェクト?得意技術?担当業務などを中心に職歴をまとめられます。用紙それぞれの特徴と自分の特徴を照らし合わせて、最適なものを選びましょう。

職務経歴書の手書きを完全にNGにする会社は基本的にありませんが、手書きの職務経歴書を避けたほうがいい場合があります。それは、「パソコンで作成するもの」と考えている外資系企業やIT企業、ベンチャー企業などに応募する場合です。このような企業に手書きの職務経歴書を提出すると、今どき効率の悪い手書きは古いと感じられたり、パソコンのスキルがないと思われたりしてしまいかねません。応募先の企業によって、手書きかパソコンかを判断することが大切です。

企業側から「直筆で作成すること」と作成ルールが提示されている場合は、従うようにしましょう。それ以外の場合は、パソコンで作成する方が効率的です。一番大事なのは、職務経歴書の内容。記述内容の吟味や業界研究、企業研究などに多く時間を使い、職務経歴書を完成させてください。

職務経歴書の書き方ガイド ~見本?フォーマット?例付き~履歴書との違い、職務経歴書の項目などの基本から、採用担当者が会いたくなる書き方、状況に合わせた記載方法、NGポイントなどの工夫まで!職務経歴書の書き方を完全ガイドします。

転職活動の履歴書は。

一昔前は「手書き」が一般的でしたが、パソコンでの書類作成が当たり前になった現在、以前ほど主流ではないようです。最新事情をまとめました。

企業の採用担当者は、どのくらい「手書き」を重視しているものなのでしょうか?リクナビNEXTでは独自にアンケート調査を行い、実際のところを聞いてみました。アンケート結果を参考に、どちらで作成するか検討してみてください。

採用担当者へのアンケート によると、手書きとパソコンで作成した履歴書について、約半数である51%の人が「違いはない」という回答でした。なお、「手書きの方が評価が高い」と回答した人は29%、「パソコンで作成した方が評価が高い」と回答した人は10%。手書きを評価しているのは3割に満たないという結果となりました。

■字そのものをきれいに正確にかけるかの確認をしているから不動産?建設系 1,000~3,000人未満

■文字には人となりが表れやすく、上手?下手ではなく丁寧に書かれているかどうかで、その人自身を判断する材料となり得るためです。ただし内容に関しては、パソコンで作成されることが多い職務経歴書を重視しています流通?小売系 500~1,000人未満

■手書きの方が慣習的に印象が良いサービス系 5,000人以上~

■文書が読みやすいその他 1,000~3,000人未満

■パソコンスキルと作成能力を見ていますメーカー系電気?電子?機械系 500~1,000人未満

■PCで作成は常識。現代は、なにごともパソコンを使用する時代になっています 流通?小売系 50~100人未満

■手書きは筆跡の綺麗さ丁寧さも判断できるし、PCで作成したものは、きっちりしたスキルがある感じがするので、一長一短その他 500~1,000人未満

■字の上手さや、書き方のバランスによってはプラスにもマイナスにもなるサービス系 100~300人未満

■業務についての専門知識等を重視するからメーカー系電気?電子?機械系 50~100人未満

実際の転職成功者にもアンケート調査を行い、「手書き」と「パソコン作成」のどちらを選択したか聞いてみました。

転職成功者1000人を対象にアンケート調査を行ったところ、履歴書作成を「手書き」で行った人は全体の約7割という結果に。「パソコン」で行った人は23%と決して多数派とは言えず、パソコンでの書類作成が主流となった現在でも、履歴書は手書きで作成する人が多いようです。

■本当はPCで作成したかったが、古い考えの人が採用担当にいる場合があるため手書きにしたその他 素材?化学?食品?医薬品技術職 31歳

■市販の履歴書を購入したので、手書きしか思いつかなかった。字は性格も表すと思うのでその他 クリエイティブメディア?アパレル?デザイン 35歳

■書道を習っていたため、字で自分をアピールできると思ったから。手書きの履歴書だと、面接の時にほめられることもあった。PCの履歴書を出す人が多いようで、「手書きで目に止まった」と言われ、作成時間はかかるが、手書きで出すようにしたメーカー系素材?医薬品他 事務?管理 27歳

■悪筆で自信がないし、クセがどうしても出る手書きよりも手堅いPCの方が効率的と考えた流通?小売系 事務?管理 27歳

■PCの方が相手にとって読みやすいとともに、こちらも編集がしやすいからサービス系 企画?マーケティング?経営?管理職 35歳

■字が汚いし、デジタルのほうが修正やメール送信等が容易だから。時短になるメーカー系電気?電子?機械系 エンジニア機械?電気?電子?半導体?制御 36歳

履歴書を作成するのが面倒な方は、リクナビNEXTにレジュメ登録するのがお勧めです。リクナビNEXTに、プロフィールや職務経歴などを入力すると、入力された内容に従って自動で履歴書が作成され、Word形式でダウンロードすることが可能です※ダウンロードできるのはPCのみとなります。

履歴書をパソコンで作成したい場合は、自分で一から作らなくても便利なExcelのフォーマットがあります。自分のパソコンにダウンロードして、もれなく入力していきましょう。文字の大きさやレイアウトにも配慮して、見栄えの良い履歴書を目指してください。

アンケート調査概要
●「リクナビNEXT 採用実態調査」 実施期間:~3月27日 調査機関:楽天リサーチ 調査対象:直近一年間に正社員の中途採用に携わった従業員50名以上の企業の採用担当者300名
●リクナビNEXT 転職活動に関するアンケート」 実施期間:~3月25日 調査機関:楽天リサーチ 調査対象:5年以内に転職した20~30代正社員 男女1000名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です