2ndリランキング メルセデス?ランキング

2ndリランキング メルセデス?ランキング

2ndリランキング。メルセデス?ランキング。国内女子ツアーで追加シード新設。

日本女子の皆が両方パーフェクトに揃えた場合、選手の順位を教えてください坂本、三原、宮原、真凜、樋口、紀平など

2ndリランキング。

シーズンの途中に、シード選手以外のTP登録者を、賞金ランキング上位順に並び替え並び替えたリストをリランキングリストという対象競技から、リランキングリストに基づき出場資格を付与する。

※リランキング実施時、獲得賞金が同じ場合の優先順位は次の通りとする。

※リランキング後は、現地ウェイティングもリランキングリストの優先順位により行う。
※ステップ?アップ?ツアーにおいては、リランキングリストは使用せずに、1年を通してQTランキングリストにより出場資格を付与する。

メルセデス?ランキング。

① LPGAツアー競技を対象に、各大会の上位20名に順位に応じたポイント成績ポイントを加算する
同一順位に複数の選手が並んだ場合、ポイントの均等割りは行わず、順位に応じたポイントを全員に与える

④ 出場ラウンド数をポイントとして加算する1ラウンド=1pt
決勝進出=3pt 予選落ち=2pt
決勝進出=4pt 予選落ち=2pt
※1ラウンド18ホールで1pt、9ホール短縮の場合は0.5pt、棄権?失格したラウンドは0ptとする

⑤ 以上の各ポイントの合計で順位を決定する

⑥ 合計ポイントが同一の場合は、成績ポイントが上回る者を上位とするポイント内訳も同一の場合は、優勝回数>獲得賞金額の順に評価する

国内女子ツアーで追加シード新設。

12時13分

活況の女子ツアー 制度改革に乗り出す小林浩美会長と今季大ブレイクを果たした渋野日向子撮影:岩本芳弘

日本女子プロゴルフ協会LPGAが、来シーズンから現在の賞金ランキングだけでなく、メルセデス?ランキングの順位もシードの対象とすることで動いていることが分かった。アン?シネ、まずは出場権を目指す写真
関係者の話をあわせると、これまでは賞金ランキング50位以内の選手が翌年1年の出場権、同51位から55位の選手に前半戦出場権が付与されているが、来季からはこれに加えてメルセデス?ランキングの50位以内にも翌年の出場権、同51位から55位の選手に前半戦出場権が与えられる見込みだという。ちなみに、米国男子ツアーでは各試合の順位によって与えられるフェデックスカップポイントによってシードだけでなくプレーオフシリーズへの出場が決められているが、国内女子ツアーは、まずは賞金ランキングと併用してメルセデス?ランキングをシード選手枠として活用する可能性が高い。
メルセデス?ランキングとは国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するランキング。年間1位でLPGAメルセデス最優秀選手賞に輝いた選手には翌シーズンから3年シードが付与されるが、1位以外の選手に恩恵が少なく、深く浸透しているとはいえない実情もあった。
今回の制度改革で、出場試合数も加味されるためシードを獲得する選手が大幅に増える可能性は十分にある。昨年実績に当てはめるとシード圏外の選手でメルセデス?ランキング50位以内の選手は武尾咲希、笠りつ子、藤田さいきの3人。54位の野澤真央、55位の金田久美子は、賞金ランキングでは56位以下で、前半戦出場権を得ていなかったが、メルセデス?ランキングで権利取得ができたことになる。数自体は多くはないが、シード選手、前半戦出場権を持つ選手が増える確立は高いといえそうだ。
今回の件に対しLPGAは「12月に発表させていただきます」とだけコメントしている。

どうしても競技成立を目指すなら… 選択肢を増やす一考を記者の目

アマチュア星川ひなのは2位タイも… プロテスト受験は未定「まだ考えています」

三浦桃香は今季レギュラー最終戦でベストフィニッシュ いい流れでプロテストへ

黄アルムが逃げ切りで今季初V 「シブコとか…」日本13年目のベテランが語る黄金世代の強さ

「超うれしい!」イ?ボミ、2年ぶりの賞金シード『当確?』に笑顔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です